【劇場版『SHIROBAKO』感想】アニメーション制作はドーナツ作りである

この記事は約5分で読めます。


劇場版『SHIROBAKO』をみてきた。

コロナウイルスで騒がれている中、映画見に行って大丈夫か不安になりつつも、近場の劇場を探してみた。すると、コロナシネマワールドというこれまたどんぴしゃな劇場名で苦笑しつつも、一番近場の劇場だったし、風評被害に負けずに頑張れという応援の気持ちもありコロナシネマワールドでみてきた。

ぼくがみたのは重振シアターっていう重低音がブーストされたシアター。

なんかガルパンの音響監督の岩浪さんが調整したセッティングらしくて、まあ低音が凄く良く出て座席に振動が伝わってくるみたいなやつなんだけど、ぶっちゃけSHIROBAKOに重低音いらなくね?って見る前は思ってた。というかなんでSHIROBAKOを重振シアターでやるの?って感じだった。

金額同じだからそれで見たんだけど、最後の最後でその伏線が回収されたっていうか、ラストの見せ場が本当に大迫力で臨場感たっぷりの感動のクライマックスシーンになってそれがまずよかった。

でまあ内容の話に移るけど、なんか普通に遠藤のアニメにかける情熱とかにグッときたし、遠藤の奥さんとかゴスロリ様のジャージ姿最高、社長のカレー泣けるみたいな感じでファンムービーとしていいよね、素晴らしいよねってのがまずあって。

でもなんかそれ以上に本質的な部分がよかったんだよね。今回はそれについて語っていこうと思う。


ちなみに特典の色紙はずかちゃんりーちゃんみーちゃんの3人だった。
かわいい。

4年間の空白

今回、劇場版に向けてTVシリーズを復習してから見るか迷ったんだけど、あえて復習せずに見に行った。

ぼくがこの手の続編を見る際にはだいたい復習して万全の体制で臨むことが多いのだけれど、あえて、というか正直なところ公開日まで全話見る時間を作れなかったので復習せずに見に行った。

しかし、これが逆に功を奏した。

今回の劇場版はTVシリーズの時系列から4年経っている。その4年で状況は大きく変化していて、詳しいことは描かれない。
とにかくムサニがやばくなってしまったらしく、その経緯は後々明かされるんだけど、その間彼らがどのように過ごしてきたのかは想像するしかない。

ただ、セリフや表情、仕草など一つ一つの何気ない所作に含まれる圧倒的な情報量のおかげで、描かれなかった彼らの4年間が垣間見えるようなつくりになっていた。単なる登場人物たちではなくて、ちゃんと血の通った人間なのだと感じられるような。

作中ではTVシリーズから4年後になっているが、現実世界においてもTVシリーズが2014年から2015年に放送していて、今回の劇場版はぼくらにとって約5年ぶりの新作である。
つまり、(1年という誤差はあるものの)ほぼ彼らと同じようにTVシリーズから時を刻んできたということになる。

作中と現実がこのような感じでリンクして、まるで旧友と久々に再開するような感覚になり、彼らも同じように生きてきたのだなと思えて非常に感慨深い気持ちになった。

そういう意味でも、個人的にこれから劇場版を見る人はTVシリーズの復習をせずに見に行くことをオススメします。

TVシリーズを見たことない人は先にTVシリーズから見るべきだと思うけれど。

P.A.WORKSは『花咲くいろは』や『凪のあすから』、『Charlotte』もそうなのだけど、この手の「空白を埋める」作業が抜群にうまい。いや、空白に対してぼくらに想像を掻き立てさせる力が凄い。

「空白への目配せ」がキャラクター達への愛を感じるんだよね。

点と線と円

ここからは冒頭で書いた本質的な部分について語っていこうと思う。まあたいした話じゃなくて、ドーナツの意味が今更ながらわかったというか、なんでドーナツなのかってところに自分なりに意味付けることができたって感じなのだけど、結論から先取りするとドーナツっていうのはアニメーション制作の在り方そのものを指してるってこと。

『SHIROBAKO』のキーアイテムとなるのがドーナツ。みゃーもりの好物であり、5人でもう一度アニメをつくろうという誓いを象徴するアイテム。

もう一つ、本作で重要なキーワードとなるのが「点と線と円」。この太郎の企画書のタイトルが本作を表すキーワードになっていたのは間違いないと思う。

ドーナツとは円であり、円を作るのが縁。TVシリーズで築いた縁が一度バラバラの点になって、もう一度縁と縁が繋がって線になって、それが集まって一丸となって円になる。

縁が円となってドーナツになるっていう、ギャグじゃないけど、なんかそういうようなことを思った。

ぼくの勝手な想像でしかないのだけれど、そのようなことが伝わってくるいいフィルムだった。

バラバラになった点と点を結び直して線になっていく。線と線がすべて繋がり、やがて円となる。

これってぼくにとっては結構本質的なテーマで、ようするに『リトルバスターズ!』なんだよね。(※ここからは『リトルバスターズ!』のネタバレが含まれます)

ひとりが辛いから ふたつの手をつないだ

ふたりじゃ寂しいから 輪になって手をつないだ

きっとそれが幾千の力にもなり

どんな夢も断てる気がするんだ

 

「Little Busters!」(『リトルバスターズ! ORIGINAL SOUNDTRACK』)

これは単に縁が円となってドーナツになったって話じゃなくて、一度バラバラになったチームが再結成する流れもそうなんだけど、恭介達ってはっきり言って負け戦じゃないですか。

去る者が残るもののために、つまり恭介達が理樹と鈴の二人のために必死になって足掻いてバトンを繋ごうとしてたってのがいわゆる「この世界の秘密」なんだよね。

リトルバスターズは去るものが残るもののために体を張って戦い命を繋ぐっていう負け戦をやってるんだよ。

……泣きそうになってきたよ。

で、劇中劇の『空中強襲揚陸艦SIVA』。『SIVA』のラストも同様に負け戦なんだよね。残るもののために必死に足掻いてバトンを繋ぐっていう。

TVシリーズのときと同様に、劇中劇はそのまま、『SHIROBAKO』のストーリーとリンクするようになってて、だからアニメ制作も同様に負け戦ってことを示している。

でもそれは現役アニメーターが未来のアニメーターへ繋ぐという希望的なニュアンスというよりも、むしろアニメ業界はそういうものだからっていうある種の諦念みたいなものだと感じたのだけど、アニメーションという去るものが、残されたぼくたち視聴者にそれでも何かを伝えようと必死に訴えかける。

やっぱりこれもある種の負け戦で、でもアニメに限らずゲームや漫画、音楽、あらゆる作品の本質もそうだよねって話。もっといえば生きることそれ自体がある種の負け戦といえるかもしれない。

そういう意味で劇場版『SHIROBAKO』はファンムービーにとどまらないめちゃくちゃ本質的な作品だったなあと思った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました